スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2009/06/02/Tue 00:20:48
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記写真

ペンキと宮殿

先週は一週間まるまる、東京の実家に帰ってたんですが
久し振りに京都の部屋に戻ったら、部屋主の私が入りにくいかんじになってました↓
penkij.jpg
・・・・・・・・・・。
・・・なんか入りにくい・・・・・・
当然のように塗りたてとかいってるけど・・・なにこれ・・・・誰がペンキ塗れって言ったよ私のドアに・・・(A.大家)
鍵穴ごとすっぽりビニールで密封されてたので、無理やり鍵のあたり突き破って開けました。入るなってか部屋に!


前々回あたりに日記に書いた工事が、また進行中なのですね。
朝、外観工事の音でたたき起こされるのはもうなれたとしても、部屋の中までペンキくさくてかないません。
食欲がわかなくなるにおいが部屋中に充満してる・・・食事の邪魔・・・



==================
先週は、内定者懇談会や東京の社会人な友人たちとの再会を通して、いろいろと感じるところが多い週だった。

内定者懇談会では、先輩との付き合い方に若干との不安を抱きつつも、同僚となる人たちがすごく面白くて(funnyじゃなくて、interesting)、同僚には恵まれたなと思った。みんな個性的・・・。
純粋な開発援助を志す人たちよりは、若干内向きで視点はクールかもしれない。そういう人たちの中にあって、自分のいままでやってきたことってのは結構異質なかんじはするんだけど
あの人たちの中だったら、まぁ、無理してその異質な感じを殺さなくてもよさそうだなと、とりあえず的には感じました。
ただまぁ基礎能力というか地頭というか回転率というか、そういうものに非常な差を感じます。ほんとに「まぁキャラ採用枠で採ったからね・・・・」と言われないようにしなきゃ・・・・


内定者懇談会以外の曜日はほとんど、社会人の友人たちと食事に行ったりのみ行ったりでした。忙しい中、平日の仕事の後に、ふらふらしてる学生に付き合ってくれる彼女・彼らに乾杯。
基本的には、この数か月でそんなにドラマチックに変わるわけもなく、いつもどおりな感じで楽しかったんだけど
なんか・・・・先を見据えて毎日を生きる姿勢が身についてるなぁと・・・やっぱりそういうところは、社会人と学生の大きな違いかなと。思いました。私が平均的学生よりもその日暮らしだという指摘がきそうだなこういう書き方すると・・・
みんな大人になってゆく。


そんな大人になりゆくみなさんに読んでほしい、「宮殿泥棒」という本。
kyuden.jpg
画像が無駄に大きくてごめんなさい。短編集です。なんか怖い感じの表紙になってますが、中はひたすらさわやかです。
私は、父の日に贈る本を探してて、この本にゆきあたったんです。ほろ苦くて、定年間近の父が読んだら、ちょっと悲しくなっちゃうかなーとは思ったんですが・・・・言葉にできない自分の感覚を、本読んでだれかと共有した気になるってのも、うちの父みたいな人には必要かなぁと思って、選んだ本。


「自分の人生を見つめなおす」のは、大人しかしないことのように感じます。
もう時間は戻ってこないことや、「選らばなかった人生」、そんなことを意識する、おとな特有の味わい。
そういう味に対して感じる苦味が、後悔として口の端に浮かぶ日を、予感させる話が詰まっています。
人生が長いものだと(時間的に連続性のあるものとして)実感させてくると同時に、
その長い影を振り返ったときにわいてくる粘り気のない後悔の、微妙な苦さも舌に乗せてくる。
眉間にしわよる苦さではなくて、過去の自分への愛しさを感じる苦さ。




歳とってから読んだら、また味わいが変わるんだろうなと思う。

個人的には、「バートルシャーグとセレレム」という話が好きですが、
どの話も、最後の最後でぐわしっと心臓をつかまれるような感情の揺れがあったなぁ。
「我が人生でありえたかもしれないあらゆる人生の中で、なぜ自分が、いまここで語ったような人生を生きてきたのかを」思って、悲しくなる大人の心境。
そのタイミングや具体的に何が悲しいのかとか、まだまだ私には自分のこととしてわからない所もあるけれど、
真面目な性格で、どちらかといえばそつない優等生として生きてきた人は、もっと切なさを共有できるのかもしれないです。


大人になりゆく人たち、お手にとってみてはいかがでしょうか。



=======================================
まぁそういうわけで今週はもう京都に戻ってきてるんですが
新しくはじめたバイトが連日夜まであってなかなかに疲弊しております。
飲食は・・・細かい気配りという、私がもっとも苦手な分野の能力を使うので、すごくお勉強になるんですが
気配り以前に自分のもの覚えの悪さが憎いです。カクテル覚えられない・・・・!!!!
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://papillon75.blog26.fc2.com/tb.php/599-80258c8b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あつめ

Author:あつめ
空はひとつとわかっているからこそ、地上のすべてが夢のように感じます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。