スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2008/10/21/Tue 00:55:46
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:版権もの

国際政治分析と遊戯王の関係

turnjpg.jpg
政治経済分析の授業で某ツンツン頭が思い浮かぶのって、たぶん私だけなんだろう。脳みそわいてるわ。



混合戦略ナッシュ均衡っていう、まぁなんかそんな国際政治に興味なけりゃなんのこっちゃな感じの話を今日してたんですが
二つの国がプレイヤーとして、順番に行動をとる・・・って話なんですよ。
で、「脅しの信ぴょう性」ってのがありまして。
最初のプレイヤーが脅しに出たら、次のプレイヤーは、「なにっ、ほんとうにこいつ、そんな強行策に出るつもりかっ・・・!?」とかいって、相手が本気かどうか伺いつつ行動を決める、と。これの繰り返しで、逆に最初のプレイヤーが、相手のプレイヤーの切り札(脅し)の効果を推察して、それが最初の行動に影響することもある・・・みたいな。
簡単に言いすぎればそういうことです。
で、授業上ではアメリカと北朝鮮を例にとって、上のような図を書いていたと。
で、私はその間ずっと「●●のターン!」って叫びたがっていたと。
病気だ。


まぁ実際の話はもっと複雑なんだけどね。
数式を使う一部を除けば、楽しい授業です。先生も比較的すき。すぐ時間足りなくなるところが(ぇ
今期はそんなに難しい授業とってないんですが、興味に沿うものばっかで楽しい。
興味ランキング下位の刑事学も、一般教養としてなら楽しいです。授業はひたすら眠いけれども。


てか上の、必死に弟のもってたカードとか思い出しつつ描いたんだけど、その労力あったら企業研究進められたんじゃないか。
そして、さも遊戯王ファンみたいな感じだしてるけども
ジャンプ誌上で華麗に読み飛ばしてましたよ私は。えぇ。だってうるさいんだもん。画面が。
=======================================




このまえ、某青年海外協●隊の説明会にいってきました。一文字伏せる必要はあるのかどうか知らないけど。
なんか・・・・想像してたよりもひどいなぁと。
どんだけの資金が費やされてるのか、改めて見るとすごい。
費やされてる金額はものすごいんだけど
本当にそこの団体(もしくは村、政府機関)は、協力隊を必要としていたのか・・?と疑問に思う事例も多々あって。
そして、個人個人のやってきたことの評価がまったく下されないのは、どうなのか。
中には、二年間ほとんど国際協力的なことはできなかったけど、行って視界がひらけたしよかったと思う、とか小学生かと思う感想いう人もいて。
これは・・・・どうなんだろうと。
すごく目的意識をもって、事前準備をして、現地でとまどいながらもひたすら人を巻き込んで、現地のニーズを見つけてこたえる人もいる。そういう人も、何人か個人的に知ってるから、なおさら、なんかこの差はどうなのかと思う。一方では批判の的になるような事例があって、その批判意見も十分理解できるからなぁ。
プロジェクトって、ニーズを吟味して、それにもっとも有効な能力をもつ人材と方法を用意して、実行前に何度も確認して、いざインプリメントしたあとも、評価と反省、フィードバック、次にはもっと改善できるように対策を練るもんじゃない?本来。
個人の「人生感変わりました」な体験を求めてるならば、自費でいけばいいんじゃないのか。と思うんだけれども。
これは制度の問題でもあるけど、いく人の意識の問題でもあると思うわ。
国の金を使って日本の代表としていく協力隊と、個人でいくボランティア。この違いを、もう一度、受験する人には考えてほしいと思った。

偉そうなこと言える立場にはないけど、もしかしたらこの先利用するかもしれないと思うと、やっぱりうまく機能してるのがいい。
狭き門になってもいいから、現地のヒトのニーズにこたえるような、本当の意味での協力ができる体制・研修・人材の補給を実現してほしいんだけどな。

何はともあれ、やっぱり生の声を聞くって大事ですね。



=====================================
就職活動の、自分的な壁に直面しています。
この壁越えれば、晴れる気がする。

自分に正直に向き合うって、これ、結構簡単にいえるけど、実行するのは非常に大変だと、実感してる。私はね。
大学名で判断されるの嫌だとかいいながら、一番大学の名前に惑わされてるのは、私だったみたいです。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://papillon75.blog26.fc2.com/tb.php/526-06500d21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あつめ

Author:あつめ
空はひとつとわかっているからこそ、地上のすべてが夢のように感じます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。